実際に申請し「250万円」の助成金を受給した話 中小企業の社長なら絶対に知っておいて損は無い助成金のお話

あなたは助成金についてどれ位知っていますか?

突然ですが御社の経営は楽ですか?毎期十分な経常利益が残り従業員の採用にも困っていませんか?

私の会社は違いました。私の会社は地方都市にある従業員20名程度の小さな中小企業で毎期利益を出すのに苦労をしていました。

そこで色々と調べている中でたどり着いた1つの答えが「助成金」でした。

実際に私が助成金を申請し1年間で250万円受給出来たお話をさせて頂きます。

はじめまして!少し私の自己紹介にお時間を下さい。

運営者情報

田上悠喜 助成金ナビ コンシェルジュ

助成金ナビの運営者を務めます。田上と申します。

私の会社は地方都市の中小企業でした。弊社も巷の中小企業の例に漏れず毎期ギリギリの利益で赤字に怯えながら経営をしていました。

私の周りにには助成金の申請をした社長がおらず助成金は申請や受給が難しいものだと勝手に思っていました。

実際に自分で調べ助成金の申請をしようとしましたが、

「そもそもどんな助成金があるのか分からない…」 「実際にどの助成金が自分の会社に適用するのか分からない…」 「助成金の種類が複雑過ぎて厚生労働省のサイトを見ても何を言っているのか分からない…」

こんな状態で1年目は助成金の申請を途中であきらめてしまいました。

助成金は初心者では申請が難しいという現実。

全く助成金についての知識が無い社長が助成金の申請を自分で行うのは「おすすめしません」

なぜならば助成金は毎年3000種類以上発表されておりその助成金毎に対応しなければならない事や用意しなければならない書類などが多数あるからです。またそれぞれの助成金については期限がありその期限に間に合うように助成金の申請をするのはかなりの負担となります。

実際に私も始めは助成金の申請を自社でやってみましたがとてもじゃないですが日々の経営業務と合わせて行う事が出来ず実際にその助成金は申請を途中で諦めてしまいました…

それに何よりも社長には助成金の申請の準備をする事より大事な仕事があります。

それは日々の経営です。助成金の申請に時間を取られ1番大事な経営業務がおろそかになってはなりません。

そこで当助成金ナビがおすすめする方法をご紹介します。(実際に私もこの方法で助成金を申請し受給しました)

助成金ナビの助成金申請方法

助成金ナビの助成金申請方法

【無料】まずはお気軽にお問合せ
【無料】助成金専門スタッフが御社の状況をヒアリングし実際に受給出来る助成金や受給額を算出
【ご契約】実際に受給出来る助成金にご納得頂いてからご契約
【サポート】あなたの会社専属の社労士さんをご案内
【サポート】専属社労士と二人三脚で"複数の助成金"の申請
【受給】助成金の受給(1社平均年間250万円受給実績有)

助成金を申請出来る事業所の条件

助成金の申請のハードルは低い!

助成金は個人事業主でも中小企業でも以下の条件を満たしていれば申請は可能です。

いかがでしょうか?上記の条件に当てはまる企業であれば、中小企業・個人事業主と事業の形態を問わず助成金の受給は可能です。

言い換えると助成金は通常通り経営している企業であれば「どんな企業でも」受給が可能なものなのです。

実際にこの事を知っているのと知らないのでは毎年会社の経営成績には大きな差が付きます。

助成金は「返済不要」ですので毎年受給される助成金は雑収入として会計上処理をし事業の利益に直結します。

再度助成金を申請出来る事業の条件について確認しましょう。

1名以上の正規雇用者がいること
雇用保険・社会保険を支払っている事(個人事業で従業員数5名以下の場合は雇用保険の支払いのみでOK)
従業員を半年以内に、会社都合で解雇していないこと
残業代の未払いなど、労務違反をしていないこと

いかがでしょうか?以上の条件を満たしている中小企業・個人事業主であれば「助成金を申請し受け取る事ができます」

助成金申請の流れ

助成金申請の手順や流れを解説した画像

助成金の申請についての流れをご説明させて頂きます。

助成金申請の手順

  1. まずは助成金についてご興味のある方はお問合せ下さいませ
  2. その後こちらから助成金専門のスタッフがお電話で御社の状況や申請出来る助成金についてのコンサルティングを行わせて頂きます。※もちろん無料です。
  3. 御社の状況をお伺いした上で最適な助成金を「複数」ご提示させて頂きます。また契約に関する諸費用などもこの際にしっかりとご説明させて頂きます。
  4. ご納得頂きましたらご契約を取り交わさせて頂きます。
  5. 実際に御社担当の専属の社労士が助成金の申請書類の作成や必要書類などのアドバイスを行い助成金を申請し計画を実行します。
  6. 最後に助成金の受給となります。

以上が助成金の申請から受給までの手順となっております。

助成金受給モデルシミュレーション

年間コンサルティング費用36万円で1年間のうち何回でも助成金を申請可能です。

①初回助成金申請の事例では受給が簡単な助成金2つを申請したシミュレーションをしています。

②初回助成金申請の「成果達成」した場合のケースをシミュレーションしております。(助成金は生産性が向上したり成果を達成する事で受給の額がアップします)

③1年間で何度でも助成金の申請が出来ますのでこのケースでは5つの助成金を申請したシミュレーションをしております。(どんな事業でも5つ以上は申請出来る助成金がございます)

助成金申請・受給に掛かる費用

  • 年間コンサルティング費用:36万円
  • 助成金申請1件毎に社労士報酬:4.5万円
  • 受給出来た際の報酬手数料:7%

掛かる費用のポイントですが、「年間コンサルティング費用」は初回にお支払い頂ければ契約の1年間助成金の申請が「何件でも可能」です。

どんな企業でも申請出来る助成金が5つ以上ありますので「使えば使うほどお得」となります。

実際に受給した助成金の実例

実際に弊社で申請した助成金の内容です。

4つの助成金「正社員化コース」・「賃金規定等改定コース」・「教育訓練給与付与コース」・「人事評価改善等助成コース」を申請し受給額の合計は「239万円」でした。

そこから助成金申請手数料「95.5万円」を引いた合計「147.5万円」を受給する事が出来ました。

実際に申請して分かった助成金の「メリット・デメリット」

実際に助成金を申請し受給した私が感じた助成金の「メリットとデメリット」についてお教えいたします。

助成金のメリット

  • 返済不要のお金が受け取れるのは経営者として非常にありがたい
  • 助成金申請の専門の専属社労士さんと二人三脚で助成金の申請を行うのは非常に楽
  • 実際に助成金を申請する際に社内の体制を見直す良いキッカケになる
  • 従業員の待遇を助成金を使って上げる事が出来る
  • 従業員の待遇を上げる事で離職率が低下し求人募集でも待遇の良さをアピール出来る

助成金のデメリット

  • やはり申請には社内の体制作りや書類の準備などの手間が掛かる
  • 申請してから受給まで時間が掛かる(助成金の種類によっては半年~1年程度掛かるものも)
  • 申請には一定の手数料(コンサル費用・報酬手数料等)が掛かる(※注)

デメリット部分の助成金の申請に掛かる費用ですが、これは自社で申請すれば費用は掛かりませんが「複数の助成金をまとめて申請する」際には絶対に専門の会社にお願いする事をおすすめします。

自社で申請する場合は1つの助成金を申請するだけで社長の時間や担当の従業員の時間をかなりの時間使ってしまいます。その割に1つの助成金しか申請出来ないので受給出来る金額は低くなります。

それに対し助成金申請の専門会社に依頼する場合は「まとめて複数の助成金を申請」する事で手数料を支払ってでも最終的に御社が受給出来る助成金の金額は大きくなります。

また助成金専門の社労士さんが専属で付く事で御社の会社の状況の相談や申請に向けた必要書類の準備など必要な事を全てアドバイスを受ける事が出来ます。

最後に

最後までお読み頂きありがとうございました。

実際に私が助成金を申請し受給出来た時には「なぜ今までこんな便利な制度を知らなかったんだ!!」と思ったものです。

助成金は中小企業や個人事業主の為に非常に便利な制度ですが国が分かりやすく広告している訳ではないので実はほとんどの会社や個人事業主の方はその実態を知りませんし使った事も無いのが現状です。

それもそのはずで「助成金には毎年”予算”」があります。

ある一定数の募集が来た段階で助成金の応募は締め切られてしまいます。

そして申請が比較的簡単な助成金は毎年早期に申し込みで埋まり打ち切られています。

つまりあなたの知らない間に他の会社はしっかりと助成金を受給していたのです。

学校と違って経営は「誰も本当の事を教えてくれません」

しかし経営を行う上で「優良な情報を知っているか?いないか?」は非常に大きな差となります。

今回このページを見て頂いたあなたにとって少しでも有益な情報をお伝え出来たならば幸いです。

最後にはなりますが私は本当に今の事業で助成金を申請出来て助かった期がありました。

助成金が無ければ赤字に転落して銀行からの評価も下がり融資を受けられなくなっていたかもしれません。

商売をやっていると大きなリスクなく確実に利益の出る事というのはなかなかありません。

助成金はそんな中きちんとした経営を行っている会社であればどんな会社でも申請をして受給する事が可能です。

助成金の原資はあなたの会社が毎月支払っている「雇用保険」ですので申請に於いて全くやましく思う事もありません。

あなたが会社を良くしようと思い従業員の待遇を上げたいとお考えであればぜひ今すぐお問合せ下さいませ。

 

助成金申請お問合せフォーム

会社名 (必須)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

会社所在地都道府県名(必須)

会社住所 市区町村名 (必須)

会社住所 番地 (必須)

社員数※役員は除く (必須)

パート・アルバイト数(必須)

ご要望/ご質問欄

Copyright© 助成金ナビ , 2020 All Rights Reserved.